苦手なドクター 接し方

苦手なドクターとの接し方


私は老人ホームで働いています。
老人ホームにはドクターが常勤していない為、近所の開業医が嘱託医として診察や薬を処方しています。
今のドクターが嘱託医となった時には、とても不安な気持ちになりました。
というのも、このドクターは偏屈だという事で、地元でも有名な方なんです。
この老人ホームで働き始めて、大変な事や辛い事はいくつもありましたが、このドクターとの接し方が一番苦労しました。

 

病院に勤務していても同じ事が言えるんですが、看護師というのは、ドクターのサポートをする仕事の為、
スムーズに仕事を進める為には、ドクターのクセや性格を把握する事も大切になってきます。
なにしろ偏屈なドクターですから、どのように接するのがいいのか、当初は全くわかりませんでした。
最近では、やっと信頼関係ができて来たように思うのですが、当初は、何度も何度も大変な目にあいました。

 

私達は、利用者の方に何かあった時や、日々の状態を常にドクターに報告し、
急変などの時にはドクターの意見を仰ぐ事になっています。
ところが、私達の報告が的確でなかった為、始めの頃は、ドクターに連絡しても電話を切られる事が多々あったんです。
それに、回診の時などは、患者さんの話を聞くどころか、暴言を吐いてしまう事もあるので、
その後のご利用者の方への対応が大変なんです。

 

このままではいけないと思い、私達看護師も意地になって、ドクターに文句を言わせないように、患者さんの報告を豆に行い、
処方後の経過なども細かく記載してFAXするようにしました。
そうする事によって、次第にドクターも耳を傾けてくれるようになりました。
今でもドクターの事が苦手ですが、苦手の一言で終わらせずに、自分から何かしらの行動を起こす事も大切だと感じました。

学校や園の行事はどうしていますか?

私は、保育園と小学校低学年の2人の子供を育てているママさんナースです。

 

保育園の場合は、参観日やお遊戯会、運動会など、親が参加する行事が毎月のようにあります。

 

保育園の行事というのは、子供がまだ小さく、子供達自信もとても楽しみにしている為、ママさんが参加するのは当然といった雰囲気でした。

 

小学生ともなると、保育園とは違い、親が参加する行事というのはかなり少なくなります。

 

子供が小学生になると、育児に専念していたママさん達が、仕事に復帰するといったケースが多くなる為、行事に参加するママさん看護師は少なくなる傾向にあります。

 

しかし、いくら小学校にあがったとはいえ、低学年はまだまだ子供ですから、親が行事に参加しないのは可哀想ですよね。

 

私は、なんとかシフトを調整して、なるべく参加するように努力しています。

 

看護師徹底ガイドでみつけた私が働いている職場は、ママさんナースが多く働いている事から、子育てに理解があるので、子供の都合で休みが欲しいと思った場合でも、比較的に融通を利かせる事ができます。

 

休みがなかなか取りづらいといった環境の職場も沢山あると聞きますから、私は恵まれています。

 

でも、保育園の行事と、小学校の行事が重なってしまう時があり、困ってしまう事もあります。

 

そのような時には、近くにすんでいる義母にお願いして、どちらかの行事に参加してもらっています。

 

夫は仕事が忙しくて、なかなか平日に休みを取る事ができないので、そんな時に頼りにしているのは義両親です。

 

子供が小さいウチは、学校や園などの行事で、休みを取りたいと思うケースが沢山あります。

 

仕事をしていると大変ですが、子供の頑張っている姿は励みにもなります。

 

仕事と育児を両立させる為には、休み希望が通りやすい職場を選ぶ事も大切だと思います。イソプロピルメチルフェノールの高い殺菌能力でアクネ菌を殺傷。

近くに義父母がいる方

私は総合病院で常勤で働いていますが、私が常勤で働いていられるのも、家族の協力があるからなんです。
私は、夫の両親と2世帯住宅に住んでいます。
結婚当初は、別々に暮らしていたんですけど、義父が末期がんで在宅看護をする事になって、義母を助ける為にも、
同居する事に決めたんです。
まだ当時の事をしっかり覚えているんですけど、義父の事は、看護師の私にとっては、看護観を変えるきっかけにもなりましたね。

 

現在、義母は曽祖母と2人で住んでいるんですよ。
曽祖母は100歳近くになるんですけど、とても元気で、いつも私の子供、つまりひ孫の面倒をみてくれるんです。
曽祖母は、一時期、認知症が進んだ感じだったんですが、ひ孫と話をしたり、遊んだりするようになってからは、認知症がなくなったんですよね。
ひ孫と関わる事が刺激になったんでしょうか?とても不思議です。
曽祖母にとっては、頼られている事で、毎日の生活が活き活きしているみたいなんですよ。

 

義母は平日はパートをしているので、あまり迷惑をかけないように気をつけてるんですけど、逆に、
義母の方が私の事を気遣ってくれるのですごく嬉しいです。
義父の事もあって、看護師の仕事を理解してくれているので、私が夜勤の時には、喜んで子供の面倒をみてくれるんですよ。

 

看護師仲間には、義両親だと気を使うから、いろいろ頼みにくい、という人もいるんですよね。
でも、私の場合、全くそんな事はないですね。
もしかしたら、自分の両親よりも協力的かもしれませんよね。
子育てと仕事を両立させるのは、簡単な事ではないですよね。
自分一人で全てをこなそうと思っても、とても出来る事ではないと思いますよ。
家族の協力というのは必要ですよね。